銀行カードローンの審査基準を甘くみない

銀行カードローンには審査基準がある

銀行カードローンを利用すると、銀行自体から直接融資を受けることができます。最近では、利用限度額の多さや総量規制がかからない、などの理由から銀行系でのカードローンに注目が集まっています。しかし、カードローンを利用する際には審査基準を通らなくてはなりません。審査項目も多く、審査中に他のカードロンに少しの延滞が生じたりなどの不備が生じると審査落ちとなってしまい、信用が得られずカードローンが利用できなくなります。審査基準として、大きく分けて二つの保証会社の審査と銀行の審査を通過する必要が有ります。

保証会社の審査と銀行の審査を通る必要がある

借入金の延滞や支払不可能などの事態が生じた場合に保証会社が銀行へ支払ってくれます。つまりその後は保証会社への返済となります。ですから、まずは保証会社での審査を通過する必要があります。延滞金や未払い金が無いか、申し込み用紙に記載の勤務先や年収等の情報に偽りがないか等が情報機関や勤務先等への確認を行って審査されます。ここで信頼が得られると保証会社からの審査を通過できますが、銀行の審査はさらに厳しくなります。実際には消費者金融での審査通過率の半分以下と言われているのでその難しさが分かります。しかし保証会社を2社付いている銀行はどちらかの審査が通り通ると銀行審査に有利になることもありますので、そのような銀行を活用することもできます。