銀行カードローンの審査基準を甘くみない

銀行カードローンには審査基準がある

銀行カードローンを利用すると、銀行自体から直接融資を受けることができます。最近では、利用限度額の多さや総量規制がかからない、などの理由から銀行系でのカードローンに注目が集まっています。しかし、カードローンを利用する際には審査基準を通らなくてはなりません。審査項目も多く、審査中に他のカードロンに少しの延滞が生じたりなどの不備が生じると審査落ちとなってしまい、信用が得られずカードローンが利用できなくなります。審査基準として、大きく分けて二つの保証会社の審査と銀行の審査を通過する必要が有ります。

保証会社の審査と銀行の審査を通る必要がある

借入金の延滞や支払不可能などの事態が生じた場合に保証会社が銀行へ支払ってくれます。つまりその後は保証会社への返済となります。ですから、まずは保証会社での審査を通過する必要があります。延滞金や未払い金が無いか、申し込み用紙に記載の勤務先や年収等の情報に偽りがないか等が情報機関や勤務先等への確認を行って審査されます。ここで信頼が得られると保証会社からの審査を通過できますが、銀行の審査はさらに厳しくなります。実際には消費者金融での審査通過率の半分以下と言われているのでその難しさが分かります。しかし保証会社を2社付いている銀行はどちらかの審査が通り通ると銀行審査に有利になることもありますので、そのような銀行を活用することもできます。

写メで年賀状印刷をする際の注意点

近年、年賀状印刷安いサービスは非常に多岐にわたり、無料のものから有料のものまで実にさまざまです。特に人気なのが、写メを利用した年賀状印刷です。スマホの普及で、自分の写真をスマホで撮る、すなわち自撮り写メをする人が若い女性を中心に増えてきています。また、子どもや孫がいる世代にも急速に写メが普及しており、我が子や孫の成長を手軽に記録に残せるため、毎日何枚も写メを撮る人が少なくありません。
年賀状印刷に写メを利用するには、いくつか注意点があります。まず、画像サイズに気を付けましょう。あまり小さい画像は、年賀状印刷すると画像があらく、汚くなってしまいます。日頃からある程度高画質で撮るなど工夫しましょう。また、あまりに明る過ぎる画像、暗すぎる画像も年賀状印刷には向きません。明る過ぎると顔がまっしろに印刷されてしまったり、暗すぎると真っ暗で誰だかわからないことがあります。使用したい画像はある程度画像編集でちょうどいい色味にもできますが、なるべくなら良く撮れているものから選んだほうがラクです。また、いくら手軽だからといって年賀状に向かないような写メは避けましょう。人気の変顔写メですが、それをそのまま年賀状に使うのはマナー違反と感じる人のほうが多いでしょう。無難に、正面で笑顔のものが一番良いでしょう。
写メで年賀状印刷する場合には、自宅のプリンタで印刷するほか、年賀状印刷業者に依頼することでよりクオリティの高いものを作ることもできます。

モビットの利息を知る

モビットを利用しようか悩んでいる方は、そのお悩みの理由はやはり利息の存在ではないでしょうか?
お金を借りる上でやっぱり引っかかるのは利息という方は多いと思うんです。

でも、よく思い返してみてください。
クレジットカードをお持ちの方なら、ちょっとお高い服を買うときなどに、分割払いを利用したりすることもあるのではないでしょうか。
なんとなくキャッシング会社を利用するのに比べて、クレジットカードって気持ち的に使いやすいんですよね。

ただ、金利などを比べてみると、実はそんなにキャッシングもクレジットも変わりがなかったりするものです。
つまり、「キャッシング会社は利用しにくい」というのは、気持ち的なものがとても大きいはずです。
そして、その気持ちを払拭するためには、キャッシング会社についてよく知ることだと思います。知識がないからこその不安をなくしてしまいましょう!

まず、モビットは1万円から500万円までの契約が可能なキャッシング会社です。ですから、たとえばちょっとお小遣いの足しにと数万を借りるのももちろんOKです。
そして、その金利は4.8%から18.0%です。金利は契約時に多額であるほどお得な利率で決まるのですが、たとえば5万円を1ヶ月、18.0%の利率で借りた場合には、その利息は「739円」になります。思ったよりも恐ろしい金額ではないのではないでしょうか。

なんとなくキャッシング会社の利息というだけで、すごく大きな利息を取られてしまいそうな気分になってしまいますが、実際に数字として見るとこのようなものなのです。
確かに、自身の収入などを全く考えなしにお金をどんどん借りてしまえば、最終的に取り返しのつかない事態になるといったことも考えられますが、そうでなければ、クレジットカードを分割支払いするときとあまり変わらないことを知ってください。

(2015、1、21 付け情報)